FC2ブログ
モネゲームを見てきた。
50年近く前の泥棒貴族という映画のリメイク
50年前は仏像が盗みの対象だったが今回はモネの絵

モネの贋作を高く売りつけようとあの手この手で美術評論家に迫るが
なかなか上手くいかない。
サボイホテル内でのコリン・アンドリュー・ファース のドタバタが笑える。

冒頭がアニメで始まったのには少々驚いたが、このアニメ
結構ほのぼのとしていて好き。

最初と最後で観客を裏切るような仕掛けのシーンがある。
90分という短さもたまにはいいかな。

英語圏の人にはクイーンズイングリッシュとテキサス訛りの英語
の掛け合いも面白いんだろうね。

「そして父になる」 カンヌ映画祭審査員賞 おめでとう!
話題の映画なのに10月5日まで待たないといけないね。

新・華麗なるギャツビー グランドマスター 見たい映画が一杯!

photo.jpg

スポンサーサイト



05/28|映画コメント(2)TOP↑
大沢たかお、松嶋菜々子主演の藁の楯を見た。
見終えてタイトルの意味が良くわかった。

幼児殺害の犯人が10億の懸賞金を掛けられ
命を狙われる。
怖くなり自主した犯人だが 警察や病院関係者等
行く先々に命を狙う者がいる。

その犯人護送のさいSPとして楯になったのが
大沢、松島演じる警官達

死刑になる犯人を守り命を絶った人達
金のために正義を貫くことのできない人達

犯人が死刑を言い渡された時
「後悔しています、反省しています
どうせ死刑になるのならもっと・・・」

犯人役の藤原竜也が本当にクズに思えた瞬間でした。

SPって要人をまもるだけではなかったの?
複雑だねぇ。

映画は一番安い娯楽 特にシニア割引は嬉しい。
昔に比べて随分見る回数は少なくなったけど
やっぱり映画館のスクリーンで見たいので足を運んでしまう。

俳優がどんどん変わっていく様を見るのはとても楽しみ。

jp-pub-photosub3-wara_large.jpg





05/16|映画コメント(0)TOP↑
スピルバーグ監督のリンカーン見てきました。
主演は ダニエル、デイ、ルイス

英国人の彼がアメリカの大統領をそっくりに演じて
3度目の主演男優賞を射止めました。

この映画、戦場のシーンで始まり
暗殺され 伝説の人物になるまでが描かれている。

奴隷解放に全力を捧げ やっと報われたというのに
呆気なく凶弾に散った。

どの時代、どの国においても憲法を変えるのは
至難の業という事だ


子供を失った妻の嘆き後悔は相当なものであるのは
理解できる・・・が、嘆き悲しんでばかりでは
周りの家族が痛ましいね。

「重荷を背負った者は 自分で荷物を軽くする努力をするか
重荷に潰されるかどちらかだ、選ぶのは君だよ。」

リンカーンが妻に放った一言だ

私も気を付けよう
文句ばっかり言ってるけれど
その道を選んだのは自分だから・・・。 


最後になるにつれ そこかしこですすり泣きが聞こえていた。
私はというと 意外にも冷静で涙はなかった。
lincoln.jpg


05/10|映画コメント(0)TOP↑
昔 大型スーパーの駐車場で映画を見たことがある。
子供が小さい時は重宝した場所だった。

泣こうが 大きな声で質問しようが自分の車の中なのだから
誰にも気兼ねがない。

そんな事をふと思い出してしまった今日の移動映画館 

文化会館等で上映するものも移動映画と呼ぶのだろうけど
今日の場所はせいぜい20人位の入場者。
椅子はパイプ椅子、音響も映像も最高と言うわけではない。

見逃した名画やミニシアター系の映画などの鑑賞にどうぞ
というものだった。

珈琲とポップコーンがサービスされ 家庭的な雰囲気の中で味わってきた
映画「最強のふたり」

リッチな障害者と看護人の心温まる映画。
障害者を主人公にしながら笑顔を誘う
実話をもとにした映画

終了間近のフランソワ・クリュゼの困惑したような
笑顔がとっても素敵。

最後に実際の二人が映し出されたが
人が幸せになる映画は後味がイイね。
134452276913813214815_intouchable_20130324170056.jpg

実際の二人
20130322-193555-1-N.jpg

03/24|映画コメント(0)TOP↑
米アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞に輝いた
タランチーノ監督の映画

誘われて観たものの ちと血なまぐさい

黒人差別の真っ只中を生き残った主人公の話なのだが
顔を覆いたくなるほどの残虐シーンがいっぱい。

犬の餌にされた者
灼熱地獄の刑に服す者

理不尽に殺されていく者達

本当にこんな時代があったんだなぁと鳥肌がたった。

差別 今もどこかで起きている事

差別される側にも する側にも 
なりたくはないと 皆思ってるはずなのに。

du-ac-000125_large.jpg

03/12|映画コメント(2)TOP↑
Welcome to my blog

rin

Author:rin
日々の出来事を忘れないように写真と共に記録しています

時計 house
猫と花のカレンダー(ロマンチックバージョ
リンク
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
猫とあそぼう
頭を撫でると泣きます。
マウスを追いかけます!
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム